■ボディケアつしま 岡山訪問マッサージ治療院 医療保険を適用して、要介護者の方への訪問医療マッサージを行っております。


HOME > プロフィール

プロフィール

自分写真

院長     高森 直樹 (たかもり なおき)

資格     あん摩マッサージ指圧師(第125275号)
        はり師(第132598号)
        きゅう師(第132425号)

   ※ 一般的に、上記3つの国家資格を総称して
      鍼灸マッサージ師といいます。

生年月日  1969年1月28日  岡山県生まれ

血液型    A型

略歴     岡山県立岡山一宮高等学校卒業
        同志社大学経済学部卒業
        (在学中に、オーストラリアに1年留学)
        四国医療専門学校鍼灸マッサージ科卒業

趣味     パソコン (主にネットサーフィンと、金融投資です。)
        家の掃除 (別に潔癖症ではありませんが、毎週末2~3時間は
               平気で、家の掃除をしています。)
        家電量販店内散策 (いろいろな家電製品を見るのが好きです。)
        マジック(手品)鑑賞 (見るのも大好きですが、少し演じる事も
                     出来ます。)

モットー   何事も、時間に正確でありたいと思っています。

鍼灸マッサージというものに興味を持ったきっかけ

~ 全ては高校生の時の体験から ~

その日は、なぜか晩御飯までまだ時間があるというのに、私はものすごくお腹がすいており、おそらく空腹時の胃酸過多が原因の胃痛で苦しんでいました。

その時、たまたま家に遊びに来ていた鍼灸マッサージ師の伯父が、その様子を見て
私の母親に一言。

「裁縫針とライターを貸して!」

私は、「一体何をする気なのだろうか?」と思っていたら、伯父は私に、

「お腹を出して、仰向けに寝てみて。」と。

言われるがままに横になると、伯父は裁縫針をライターの火であぶって、それを鍼灸
道具の鍼の代わりにして、私のお腹のある部分に数ヶ所刺しました。
(もちろん刺したといっても、針先で刺激した程度で、突き刺した訳ではありません。)

そのまま、約1分間程針先でチクチクと刺激した後、

「もういいよ。10分位したら、多分腹痛はおさまっていると思うよ。」

そう言って、伯父は帰っていきました。

伯父を見送りながら、

「鍼灸の鍼ではなく、裁縫針で一体何をしたのだろうか?というよりも、本当にこんな事で、この腹痛が治るんだろうか?胃薬飲んだほうが確実じゃないかな。」

と私は半分疑っていました。

ところが、5分位すると、先程の胃痛はすっかり消えているのに気付きました。

その時に思ったのは、ただ、「何だ、コレは?」でした。

鍼灸マッサージ師となった今では、その時に伯父が刺激したであろうツボ(経穴)は想像がつきますが、当時の私には、何と不思議な事があるものだと感心すると同時に驚き、そして、体のツボ(経穴)を含めた東洋医学というものに非常に興味を持ったのを、今でもはっきりと覚えております。

そして現在・・・

大学卒業後の会社員生活を経て、今度は自分が鍼灸マッサージ師となって、病気が
原因で歩行困難な方の所にお伺いして、日常生活動作の手助けをさせていただいて
おります。

ただ、基本的にリハビリ的な要素を含んだマッサージがメインですので、私のように
不思議な感覚を抱く事はないと思いますが、苦しんでいる、あるいはそこまでいかなく
ても少しでも楽になりたいと思っている方のお役に立てればという思いで、今後も施術
してまいります。

お問い合わせはこちらまで

ご予約・ご相談

PageTop

サイドバナー

サイドバナー

メニュー

当院のご案内

ボディケア つしま
(訪問マッサージ治療院

住所:〒700-0083
    岡山市北区津島
    新野1丁目3-16-1

TEL:086-238-1733

  営業時間 月~金曜日
    (9:00~18:00)

  定休日   日曜日・祝日

※ 土曜日は、事前予約施術
  のみに対応。




ボディケアつしま(訪問医療マッサージ治療院)

〒700-0083 岡山市北区津島新野1-3-16-1
TEL:086-238-1733
FAX:086-238-1755


HOME - 初めての方へ - 料金 - お客様の声 - 当院のご案内 - お問い合わせ

施術内容 - 訪問マッサージ治療の実際の流れ - ケアマネージャー・訪問看護師・ソーシャルワーカーの皆様方へ

マッサージ施術と鍼灸施術の保険取り扱い基準について - よくあるご質問

プロフィール - プライバシーポリシー - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。